妊婦さんには葉酸が必要

葉酸サプリを比較してみた!

妊婦さんには葉酸食品が必要です!


妊娠したら、自然と食生活に気を使うようになり、まずはアルコールやカフェインを排除すようになります。 NGの食品ばかりに気を使うのではなく、必要とされる栄養素が含まれた食品を積極的に食べるようにするのも大切です。 特に重要な栄養素と言われている葉酸は、胎児の先天性疾患の予防に関わっていると言われていますので、妊婦さんは葉酸が含まれている食品を覚えておくとよいでしょう。 葉酸はビタミンの一種なので特に緑黄色野菜に多く含まれており、妊婦さんはサラダやスープに加えて食べると効率的です。 また、豆類も含有率が高いのですが、水溶性なので煮豆にしたときには煮汁まで飲むのが効率が良いです。 豆乳なら丸ごと大豆の栄養素を取り入れることができます。 くるみやひまわりの種にも含まれているので、口さびしいときの妊婦さんのおやつに利用すると便利です。 ■葉酸食品のレシピ 葉酸は胎児の脳や神経の健全な育成に欠かせないので、妊娠前から適切に摂取しておくことが望ましい栄養素のひとつです。 葉酸はビタミンの一種で主に野菜や豆類などの食品に多く入っています。 代表的な食品はブロッコリー、アスパラガス、大豆、くるみなどです。 肉類ならレバー、魚貝類ならウニやいくら、海藻にも含まれていますが、水溶性なので生野菜やスープで食べるのが効率的です。 具体的なレシピを紹介すると、ホウレンソウの白和え、ブロッコリーとくるみのサラダ、焼き海苔とカイワレ大根を添えたウニ丼などがあります。 最も簡単なレシピは味噌汁で豆腐、野菜、海藻類などを具だくさんにすることで、これだけで葉酸だけでなく食物繊維、ビタミン、ミネラル、など体に必要な栄養素もまとめて摂ることができて一石二鳥です。 妊娠に適した食品で自分なりのレシピを考えると妊活も楽しくなります。 ■葉酸食品の摂取 妊婦さんにかぎらず、葉酸は健康維持には欠かせない栄養素です。 赤血球をたくさん作ったり、タンパク質の合成を促すなどの効果があり、貧血・心臓病の予防に役立ちます。 多くの食品に含まれていますので、日常の食生活においてたくさんの食材を使用するように心がけると効率よく摂取することができます。 理想的なのは1日30品目を使用した一汁三菜の和食と言われています。 葉酸は野菜、果物、豆類、海藻、など多くの食品に含まれているので摂取することはさほど難しいことではありません。 しかし、1人暮らしや多忙な生活を送っている等の理由から食事がおざなりになっている人も多いです。 葉酸は体内に蓄積できない栄養素なので、食事からの摂取が難しいのであれば、青汁やサプリメントなどの健康食品を利用してもよいでしょう。 ■葉酸は合成添加物ではなく食品原材料から摂取する 葉酸は野菜や大豆などの多くの食品に多く含まれている栄養素です。 ビタミンB群に属しているのですが脳や神経の形成に必要な成分であることから、胎児の先天性異常の予防効果があると言われています。 そのため、妊娠希望者は早い段階から積極的に摂取し始めることが推奨されています。 そして、アメリカやイギリスでは小麦粉やパンに葉酸の添加が義務化されています。 しかし、日本においては厚生労働省が妊娠希望者や妊産婦に対して葉酸の摂取を推奨してはいますが、食品への添加は義務化されていません。 1日の必要量が確定していないというのが理由のひとつです。 野菜や果物を中心に多くの食品には添加物ではない天然の葉酸は含まれています。 食品から摂取しても体内の蓄積されないので摂り過ぎの心配がありませんので毎日の食事を栄養のバランスのとれた献立にするとよいでしょう。 妊娠を希望する女性にとって必要な栄養素はいろいろとありますが、中でもビタミンB群の葉酸は特に不可欠と言われています。 ホウレンソウなどの緑黄色野菜などに多く含まれているので、野菜からとり入れると食品添加物も含まれないので安心です。 しかし、確実に体内に吸収せることを考えると葉酸の成分が凝縮されているサプリメントの利用が最も有効かもしれません。 葉酸を主成分としたサプリメントは沢山販売されていますが、特に注意が必要なのは食品添加物が含まれているか否かという点でしょう。 安心してサプリメントを利用するには、母体だけでなく胎児への負担ができるだけない製品を選ぶことです。 保存料、香料、着色料などの食品添加物を使用していないこと、できるだけ天然の素材を使用していることが製品を選ぶ最も重要な目安です。

 

葉酸食品とは?

この記事に関連する記事一覧