葉酸サプリの効果

葉酸サプリを比較してみた!

葉酸サプリの効果


『妊婦には葉酸が必要』と厚生労働省が言っているから効果は知らないけど葉酸サプリを飲んでいる、という人も中にはいます。 葉酸は簡単に言えば胎児の健やかな成長をサポートする栄養素ですから、葉酸サプリを妊娠前から飲み続けて、最低でも胎児の脳や神経の成長がある程度決まる安定期位までは飲み続けることが必要と言われています。 また母乳にも栄養素として含まれるので、授乳期までは必要という人もいます。 葉酸サプリの効果がはっきりとするのは出産後に赤ちゃんの様子を見ればわかりますが、果たして飲まなかった場合にはどうだったのかは、実際のところ誰にもわかりません。 少なくとも、健康体で生まれてくれたとしたらそれは葉酸サプリの効果があったと考えてよいのではないでしょうか。 ■妊娠のための人気の葉酸サプリ 葉酸のサプリメントは安心して妊娠生活を送るためにも、健やかな胎児の成長のためにも有効な栄養素のひとつです。 たくさんのメーカーから販売されていますので、人気のある製品を参考にして選ぶとよいでしょう。 多くの妊婦さんに支持されている製品と言えば「ベルタ葉酸サプリ」で、カルシウムや複数のビタミンBが配合されています。 全ての原材料が天然という点が評価されています。 また、「AFC葉酸サプリ」も人気があり、鉄、カルシウム、8種類のビタミンも配合されているバランスの良い製品です。 共同開発した製薬会社は創業180年の老舗なので高い安心感がある製品です。 「美的ヌーボ」も妊娠している女性に人気の高い製品で、葉酸の原材料が大豆とアルファルファというのが特徴です。 27種類もの栄養成分が配合されていて、美容効果も高いため、妊娠後にも飲み続ける女性が多い製品です。 ■高齢での妊活にもサプリ 結婚年齢が遅くなっていることで、高齢出産する女性が増えています。 医療技術の進歩もあって40歳台の初産でも安産できる確率が高くなっていますが、実際には40歳を過ぎてからの妊娠率は約2%にすぎません。 年を重ねれば子宮や卵子を作り出す卵巣の能力が低下してしまうのがその理由のひとつです。 妊活サプリは高齢出産を望む女性の妊娠をサポートする働きを担います。 高齢になるほど体内にストックされた卵子は老化をしますが、妊活サプリによってその速度を遅くすることができます。 つまり、将来的に妊娠を希望しているのなら、なるべく早い時期から飲みはじめるのが良いということになります。 妊活サプリには女性の体調を整える栄養素がたくさん配合されていますので、妊娠にこだわらなくても、アンチエイジングや健康補助食品として有効です。 ■妊娠におすすめの葉酸サプリとは 葉酸は妊娠に効果的な栄養素のひとつですが、主成分として配合されているサプリメントがいくつもあります。 その中からおすすめの葉酸サプリを選ぶには妊娠経験のある友人や利用者の口コミを利用するとよいでしょう。 まず、100人の女性の声を参考にして開発された「AFC」がおすすめです。 主成分の葉酸に加えて、鉄、カルシウム、複数のビタミンがバランスよく配合されています。 他には、「美的ヌーボ」もおすすめです。 この葉酸サプリは妊娠前から出産後まで継続して愛飲する人が多いのが特徴で美容成分も多く配合されています。 そして、ベルタ葉酸サプリも人気があります。 他の製品同様、鉄分・カルシウムの他に、ビタミンとミネラル分もバランスよく配合されています。 ツバメの巣、プラセンタなどの女性に嬉しい美容成分も豊富に配合されています。 ■妊娠前にも葉酸サプリ なぜ多くの妊婦さんが妊娠前から葉酸サプリを愛用しているのかというと、大切なわが子に先天性疾患が発症するリスクが限りなく少なくできる働きがあるためです。 葉酸は緑黄色野菜や多くの食品に含まれている水溶性のビタミンなのですが、細胞分裂の活性化をサポートしているのです。 最も効果的なのは妊娠前から葉酸サプリを飲んでおくことで、最低でも1か月前から飲みはじめるのが良いと言われています。 しかし、毎月定期的に排卵期が訪れる人ならそのタイミングがわかりますが、生理が不順な人もいますので最短のタイミングで飲みはじめることは難しいと言えます。 この点から考えると、葉酸サプリは妊娠前の子供が欲しくなった時から飲みはじめると間違いがないでしょう。 葉酸は効果から妊婦さんのためのサプリと思われがちですが、健康維持のためにも必要な栄養素ですし、体内の蓄積することはないので早くから飲みはじめても問題はないのです。 ■妊娠初期に葉酸サプリ 妊娠初期に必要な栄養素はたくさんありますが、葉酸サプリは妊娠初期だけでなく妊娠前から摂取を始めるのが大切であると言われています。 このことは厚生労働省の通達にも記載されていて、妊娠可能な全ての女性に飲用を推奨しています。 葉酸の主な効果は造血で、赤血球を増やす働きが新陳代謝を活発にし、その結果として細胞分裂の活性化がされるのです。 このような葉酸の働きが胎児が神経管閉鎖障害になるリスクを回避する効果があるとされているのです。 野菜や果物、豆類など多くの食品に含まれている成分ですが、水溶性であり体内に蓄積しないため確実に体内に取り入れるには葉酸サプリを利用するのが確実な方法です。 葉酸サプリなら胎児の脳や神経が生成される妊娠初期に十分な量を確実に吸収できる方法なのです。 ■つわりの時の葉酸サプリ 葉酸は胎児が先天性の障害を発症するリスクを軽減する効果があります。 厚生労働省でもその効果が推奨されていますので、葉酸サプリは妊婦さん御用達の健康食品として人気があります。 妊娠の1か月くらい前から飲みはじめて授乳終了までが良いという声が多くありますが、つわりがつらい時期もあるので毎日欠かさず飲み続けるのは意外と大変です。 妊娠初期には多くの人が体験するつわりの時期があります。 水さえも飲むことができないほど体調が不安定になるので、葉酸サプリを飲むのはかなり難しくなります。 とはいえ、葉酸は体内に蓄積されことがないので毎日欠かさないことが大切なのです。 つわりの期間には、葉酸サプリは1度で1日の必要量を飲まなくてもいいので、砕いたり、小分けにするなどして工夫をするとよいでしょう。 ■葉酸サプリは妊娠後期には? 葉酸サプリは妊娠初期には絶対と言っていいほど飲んだ方がいいと言われています。 産婦人科でも最低でも4か月くらいまで飲み続けることを推奨しているところが多いです。 また、妊娠後期まで飲み続けるとぜんそくもちの子供が生まれるという噂がありますが、葉酸は食品に広く含まれている成分ですから、毎日食べ続けるとぜんそくになるのか、ということになりますよね。 ぜんそくを発症したケースでは合成成分を材料にしている葉酸サプリを飲んでいた場合に多く発症していることがわかっています。 対して実際にオーガニック素材の葉酸サプリを利用していた人には、妊娠後期から出産後まで飲み続けて母子ともに健康を維持できている例は少なくありません。 サプリメントには他の成分もたくさん配合されていますので、妊娠後期まで飲んでも健康維持用として効果があります。 心配なら主治医に相談してみましよう。 ■授乳中にも葉酸サプリ 妊娠初期には胎児の健やかな成長のためには必要とされていることから、葉酸サプリをせっせと飲んでいる妊婦さんは多いのですが、出産から授乳中まで飲み続ける人は意外と少ないです。 妊娠4か月を過ぎたころになると葉酸サプリの飲用を止めていい、とアドバイスする産婦人科の主治医が多いのも影響しているのかもしれません。 しかし、葉酸は神経管閉鎖障害を予防するのが主な効果ではありません。 造血作用があるので貧血予防になりますし、新陳代謝をアップして体内の巡りを良くする効果もあります。 これによって体内にまんべんなく栄養が回りますので、授乳中のお母さんの栄養状態を安定させることができるのです。 母乳を授乳中のお母さんは葉酸サプリでしっかりと栄養補給をすると良いのです。 ■妊婦の貧血予防にサプリ 女性は妊娠以外でも、毎月の生理によって貧血になりやすいので、血液検査を定期的に実施して健康状態をチェックしておくと安心です。 食事内容を改善しても貧血の 効果が見られない場合には、他の方法で補うことが必要です。 サプリメントにはドリンク、錠剤、ゼリーなど色々なタイプがありますので、好みのタイプのサプリメントを選ぶとよいでしょう。 そして、妊娠したら貧血にならないようにすることが大切です。 赤血球は栄養分や酸素を体中に運搬する働きを持っているので、不足すると貧血だけでなく転倒や立ちくらみのリスクが高くなります。 母体だけでなく胎児にも影響を及ぼしますので、妊娠中に体調の異変を感じたらかかりつけ医に相談するとともに、サプリメントなどで補うことが必要なのです。

 

葉酸サプリとは?

この記事に関連する記事一覧